2018年12月18日

★滝沢秀明、電撃引退の真相 次の目標は、プロデュース業やタレント育成!

滝沢秀明さんは、年内で芸能活動を引退し、プロデュース業やタレント育成に専念することを発表しています。芸能界入りは13歳でした。そして、23年間、アイドル(歌手、俳優)としてトップを走ってきたわけです。俳優としての滝沢さんのラストを飾るのが、医療ドラマ「連続ドラマW 孤高のメス」です。滝沢秀明さんが演じる当麻鉄彦は、不器用ながらも純粋に「目の前の命を救いたい」という強い思いを持った外科医。共演者やスタッフの方から、引退については何も聞かれていないとか・・・(笑)。ちなみに、仲村トオルさん演じる実川剛は、当麻と対照的な野心的な人物として描かれています。

滝沢秀明さんより:
僕は「何のために生きるか」ということが、すごく大事だと思っているんです。これまで、いろんな人に助けられながら自分のために生きてきましたが、これからは人のために生きてみたいと思ったんです。僕の場合は、お世話になった事務所に対して、恩返しをしていきたいということだっただけなんです。







-----------------------------------------------------------
posted by やっくん at 22:55| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: